top of page

ビニール傘の巨大なゴミ

春の嵐翌日。街のあちこちに、ビニール傘のゴミの山が出きている映像を見る。さっきまで便利なものであったはずなのに、強風の瞬間に処分に困る無残で粗大ゴミになる。「どこへ捨ててもいいかわからないんですよね」と、平凡社の編集さんも言っていたっけ。『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)を読んでくれよと、傘を捨てる人たちに画面のこちらから話しかけるむなしさよ。

Yorumlar


bottom of page