top of page

人はみな最後はひとり

家族とはなにか、20代の頃、悩み、もがいたふたり。民法では家族になれないけれど、彼らなりの「かぞく」としての契約を考えた。 『令和・かぞくの肖像 〜中津・K家の場合 Vol.2〜』 (OIL MAGAZAINE by CLASKA) 「人はみな最後はひとり。だからこそ交わした、ある契約」 文:大平一枝 写真:笠井爾示

Comments


bottom of page