top of page

企画展は生き物

お盆過ぎに娘と松本美術館へ。 草間彌生の常設展示が充実。市内も水玉バスがじゃんじゃん走っていて、弥生さん風味。

『草間彌生が生まれた理由』、丁寧に取材された良い本だった。 ミュージアムショップに『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ: 漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品』が並んでいて仰天。全く層ぞしていないふいの対面で大変嬉しかった。 ちょうど「篠山紀信展 写真力」もやっていた。これ3年前、東京でやっていたときに「ああ見ておきたい」とおもっていたやつだ。 もちろん迫力と網羅性があって集大成的な良い展示だったのだけど、心の中の波が静かだった。きっと「見たい」と思ったときの熱と今の熱量が違うからだろう。価値は変わらないはずなのに、アートの企画展というのは、どこか生き物みたいなところがある。

Komentarze


bottom of page