top of page

同時代の書き手と!


一田憲子さんと

今だから話せる修行時代の失敗と学び、

あの不安、この希望、そしてこれからをじっくりお話しする。

最高にアツい夜にする予定です!

・・・・

3/14 thu 19:30-

本屋B&B

大平一枝×一田憲子

「私たちの失敗だらけの文章修業」

〜『人生フルーツサンド』(大和書房)刊行記念

・配信参加あり

・会場、および申し込みは本屋B&B から

・・・・

『歳をとるのはこわいこと?』(一田憲子著 文藝春秋)についても、皆さんに変わってがしがし質問します。

まさに歳を重ねることで、やっとこうしてゆっくり話せるようになった。

次の人たちのためにも、私たちの世代が

伝えたり、申し送ることがあるように思う。

“上手に負けられるようにもなった”と綴る一田さんのポータルサイト『外の音、外 内の音』〜やっと「負けられる」お年頃になりました〜が、ぐっと魂に響く。率直に綴られた名文です。

こんな日が来るなんて、歳をとるのは怖くないよ、いいもんだよと、やっぱり上手に負けられなかったあの頃の私にも言ってあげたい。

⁡(朗報)

店名由来book&beerでもあるB&Bで、生ビール復活とのこと!

リクエストしてよかったわ〜。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page