top of page

女に必須なもの


 周防監督の舞妓さんの映画で、夫が京都に通っている。もう土産のネタがつきたのか、買う暇もないのか、今回の10日ぶりの土産は便箋と封筒と靴下だった。小学生の誕生日会か。 でも、女子はいくつになっても便箋と封筒が好きなので、ありがたく受け取ってやった。次も、おたべより便箋がいい。 『暮らしの手帖』で、人生の大先輩を取材。エレガントでチャーミングな95歳の方。冗談をぼんぼん言いながら、取材のあいまに、絶妙のタイミングでおいしいお菓子やお茶を出してくださる。「私、くいしんぼうなのよ」と、少女のように首をすくめる。女性が年を重ねたとき、なくしたくないのは、笑顔と茶目っ気かもしれない、と思った。

Comments


bottom of page