top of page

小説ではない。

 ⁡ 雨の日も風の日も。彼女の2年8ヶ月。 東京にこんな話があるのか。 考えさせられる取材であった。

〈236〉『「この家もらってね」。言い遺してあの女性(ひと)は逝った』 連載⁡『東京の台所 2』 文 大平一枝 写真 本城直季 (朝日新聞デジタル&w @andw_asahi )

Comments


bottom of page