top of page

忘却に対抗する文学の力とは



『サンデー毎日』輪番読書日記、今週号は『父の革命日誌』(チョン・ジア著 河出書房新社)と『キャラメル工場から』(佐多稲子著 佐久間文子編 ちくま文庫)を。


佐多稲子の、夫が警察に勾留されている劇団女優を描いた『プロレタリア女優』が格別にいいんだよなあ。強がりで弱音を言わない妻が、夫の好きな春菊を買ってくる場面。『父の〜』もそうだが、しっかり生活を書き込んだ小説は文学として残るなあ。どちらもこれから何回も読み直すに違いない。

ความคิดเห็น


bottom of page