top of page

文章の癖を知る

>



 もう数年前のことですが、暮らし周りの本だからサラッと読めるだろうと、機内でページをめくったところ、ふいに自分の中の何かが突き動かされ、涙腺が壊れ、困ったことがありました。大平一枝氏の著書でした。 作家・エッセイストとして多数の本を執筆...Posted by 北九州ライターズネットワーク on 2015年5月4日

Commentaires


bottom of page