top of page

東京オリンピックと開高健


28歳で壽屋(現サントリー)宣伝部の社員だった開高健は芥川賞を受賞。 しかし、鬱症も伴い、小説がまったく書けなくなったときに、これならと引き受けたのが 「週刊朝日」オリンピック前年の東京のルポ。 本書はそれをまとめたものだ。 どこをみても働きすぎるほど働く日本人に 開高はだんだん辟易としてきて、 悪態をつく。それがまた気持ちいい。 彼は 身を粉にして働くことを尊ぶ風潮に、ノーを言い 「どれだけのんびり怠けられるかということで一国の文化の文明の高低が知れる」と断言。 日本は、ハッキリとその点については“ 後進国”だと書いている。 昭和と令和。 どれだけ変わっているだろうか? ブックレビュー、書きました。 「本がすき。」(光文社)

Kommentare


bottom of page