top of page

母と息子、最期の一日


料理家サルボ恭子さんの夫セルジュさんは 4年ぶりにカリブ島で 母と対面した。 介護が必要になった母を 高齢者ホームに連れて行くために。 母は、 いつもは使わないカリブ語で答えた。 「私はそこに行かないよ」 翌朝、彼女は倒れた──。 『母と息子、最後の一日』 4組の家族を定期的に追いかけるドキュメンタリー企画 「令和・かぞくの肖像」VOL.8サルボ家の場合(OIL magazine) 文 大平一枝 写真 笠井爾示

Comments


bottom of page