top of page

池田晶子さんの遺言


みな、死に向かって生きている─。 『暮らしの哲学』(池田晶子著) 「本がすき。」(光文社)、ブックレビュー書きました。 平穏な日常というのは、平穏でないからこそわかる、と書いた池田晶子さん。 なぜ今こんなに、池田さんの本が沁みるのか、考えてみた。

Comentarios


bottom of page