top of page

自分を大切にしていなかった彼女の気づき


食べることに興味を持てない。長く心身を患った彼女がたどり着いた、生きる技術。 忘れがたい取材の一つになりました。

「彼の料理と“まね”で、心の病を治した彼女の話」 『東京の台所 2』(朝日新聞デジタル&w) 文:大平一枝  写真:本城直季

Comentarios


bottom of page