top of page

潔い2冊


都築響一さんの『圏外編集者』を読んだら、奇しくも村上春樹さんの『職業としての小説家』と同じことが書かれていて印象に残った。それは「読者を想定して書かない」ということだ。編集者と小説家ではあるが、私から見るとこのふたりは不思議と共通点が多い。ひとりでアメリカで勝負した経験があること。唯一無二の視点と世界観と文体を持っていること、などなど。 この2冊は、別々の編集者から「読んだ方がいい」とアツク薦められた。腹をくくって書くとはこういうことなのだなあと、しみじみ感じ入る。

Comments


bottom of page