top of page

赤を着る


明るく清々しい空間で 洋服を買った。 こんな大人の赤とは 二度と出会えない気がして。 デザイナー池邊祥子さん の洋服は 袖を通すと、 自分のアイデンティティが引き出されるような、あるいはちょっと心が強くなるような、 ひどく不思議な魅力があった。 プレスも、ギャラリーディレクターも、見慣れた人たちのいる心安らぐ土曜の午後。 TALK TO MEリミテッドストア F-Furnitureにて、30日まで

Comentarios


bottom of page