top of page

巨星











東大文学部中退。

終戦は23歳。

勇ましいものがいいとされるなか

男が染色なんてと、蔑まれる時代だったと語った。

           

染色工芸家・柚木沙弥郎さん(享年101歳)が差しだした宝物は

数十年前、旅先のサンタフェの街角で買った木のおもちゃ。トラックや牛だった。

           

「道具もないし、材料もない。その日その日を自分たちの手で、素晴らしくイマジネーションゆたかな、生き生きしたものを作る。エコノミックじゃない。

その時、僕のコルセットみたいなものが取れたんです。おおいに反省もした」

           

個展による注文がひっきりなしに入り

亡き妻と、制作に多忙を極める真っ最中だった。

           

時間に追われながらストイックに追求する創作の姿勢が

自らを窮屈にしていたと気づく。

「貧しい国々で見たこのフォークアートのと出会いが、自分の転換期になりました」

           ・

あの人の宝物』(写真・本多康司さん)

紙さまの話』(写真・小林キユウさん)

各 誠文堂新光社

輝かしい功績の隙間にこぼれ落ちそうな

柚木沙弥郎さんの

来し方歩んできた道を

名もなき玩具や

インドのブロックプリント、

パリから持ち帰ったポールのバケット袋を通して

綴った。

(写真家お二人がしみじみと美しく、それぞれの世界観を投影しながら撮影している)

柚木さん、名もなき書き手にも

真摯にむきあってくださり

ありがとうございました。






Comments


bottom of page